レシピ動画を見ながらタンドリーチキンを作ってみた

ヨウヘイヨウヘイ

フライパンを持つと

緊張が走る、

ヨウヘイです。

今回はご飯のお供に最高な

タンドリーチキン

を作ってみました。

 

インド料理でお馴染みですが、

レシピさえわかれば、

家庭でも簡単に作れます。

 

とは言うものの、

私、料理初心者なので

フライパンで焼くという行為が

結構苦手ですw

 

焦がしたり、生焼けだったり、

上手に火を通すことって

ホントに難しいです。

 

焼きこそが経験の差でしょうね。

 

レシピを見ると

大抵、

「中まで火が通ったら完成です」

とか

「焼きすぎると堅くなるので

注意してください」

とか書いてありますが、

それがわからないので

苦労しています。

 

火加減、特に弱火はくせ者です。

どのくらいコンロの火を絞れば

弱火なのか? 

よくわかりません。

 

焼き時間とかも書いてありますが、

フライパンの厚みや材質とかで

火の通り具合は違いますから

レシピの時間通りやっても

出来栄えはかなり違います。

 

やっぱりたくさん作って、

失敗して覚えていくものなのでしょうね。

 

そんな料理初心者にとって

レシピ動画はありがたい存在です。

 

レシピが文字だけで書いてあっても

初心者にはわかりませんし、

写真だけでもまだまだ難しい。

 

料理の行程が

全部動画になっていれば、

わかりやすいくて、

自分に出来そうか否かも

判断がつきます。

 

そんな訳で私は料理を始めて以来、

ずっと

レシピ動画アプリ「クラシル」

見ながら作っています。

 

「クラシル」にはたくさんの

タンドリーチキンレシピ

がありますが、

本格的に漬け込んで

作るものもあれば、

電子レンジでチンするだけの

簡単10分レシピまで様々なので

自分のレベルに合わせて作れます。

 

今回はまぁまぁ本格的に

5種類の調味料を混ぜ合わせて

漬け込むレシピにチャレンジです。

さすが「クラシル」先生、

初心者でも

最高に旨くてジューシーな

タンドリーチキンができました!

 

材料は鶏もも肉。

漬け込む調味料に

ヨーグルト、カレー粉、

ケチャップ、チリパウダー、

塩こしょうを使っています。

 

チリパウダーは入ってますが、

ヨーグルトのおかげか辛さは

とてもマイルドで気になりません。

 

一応レシピでは

冷蔵庫に30分漬け込む

とありますが、

初めてのタンドリーチキンに

気合いを入れすぎた私は、

一晩寝かしてじっくりと

味を染み込ませましたw

 

 

コツは2点

1 肉は漬け込む前に

フォークでブスブスと刺す。

味が染みやすくなります。

 

2 ヨーグルトが

めちゃめちゃ焦げやすいので

焼き加減に注意。

 

中火で

表面に焼き目を付けたら、

弱火で蓋をして

蒸し焼きにすること。

 

肉の大きさにもよりますが

5分くらい蒸し焼きにします。

 

弱火じゃないと

すぐ焦げちゃいます。

 

初心者の私にこの火加減は

難しいのですが、

焼けたお肉のあまりの旨さに

結構リピってます。

こちらは温かいご飯に

バター、カレー粉、コンソメを

混ぜて作ったライスを付け合わせて

カフェご飯風にしました。

 

「タンドリーチキンプレート」

 

アラフィフで素人のおっさんが

見よう見まねで作ったとは

思えないクオリティです。

 

って自分で言ってしまいましたねw

 

「和風タンドリーチキン」

漬けダレをヨーグルト、カレー粉、

醤油、にんにく、生姜、

塩こしょうと

和風テイストにアレンジしてます。

 

カレーと醤油の味がよく合って

ご飯が進むこと。

 

自宅で作れば

辛さも調整できるので

辛いのが苦手な人でも

問題ありません。

 

漬け込む時間が必要なのと、

火加減に慣れが必要ですが、

味がバッチリ染みていて、

柔らかくて美味しい

タンドリーチキンを口にしたら、

もうやみつきです。

 

私、タンドリーチキンは

家で食べることに決めました。

 

おすすめです。

 

ヨウヘイヨウヘイ

最後まで

読んでいただき

ありがとうございます!

 

クラシル先生のレシピ動画はこちら

 

プロフィールはこちら

 

インスタグラムはこちら

 

↓↓クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

 

ブログサークル

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新