ふるさと納税で届いた佐賀牛ステーキ肉を使って青椒肉絲を作ってみた!

ヨウヘイヨウヘイ

料理歴一年、

アラフィフの手習い

ヨウヘイです

 

アラフィフになって

初めて料理に目覚めた私。

 

普段教えを受けているのは

料理動画サイト

「クラシル」先生なんですが、

以前から憧れている別の先生がいます。

 

その名も

「dancyu(ダンチュウ)」師匠。

 

大人の男性向け

超こだわりの料理雑誌で、

毎回名店のシェフがレシピを

教えてくれるというのが

ウリのひとつです。

 

変わった誌名の由来は

「男子厨房に入らず」を転じて

「男子も厨房に入ろうよ」という

思いから名付けられたそうです。

 

他にもレストラン紹介も

充実していて

こちらに掲載されるのは

料理人にとって

すごく大きな栄誉みたいです。

 

私のゴルフ仲間の鮨屋の大将の

お店が掲載された時、

 

「ついにやった!俺もこれで一人前だ。」

 

と感涙にむせんでいたのを

覚えています。

 

当時、

友人のよしみで掲載誌を3冊買って、

周囲に宣伝しまくりましたw

 

さて、そんな

dancyu師匠のこだわりレシピは

料理初心者の私にはハードルが

高くて作ってなかったのですが、

今回、写真を見ているだけで

よだれが出てくるほど、

料理心をくすぐられてしまい

トライしてみることにしました。

 

その名も

「ステーキ肉を使ってつくる極太チンジャオロースー」

 

あの中華の定番を

牛ステーキ肉を使って作る

という豪快な料理です。

 

ふるさと納税で届いた佐賀牛

あったので思い切って

使ってみることに。

 

イチボって希少部位みたいだけど

まいっかw

 

元々のレシピでは

アメリカンビーフといった

輸入品のサーロイン(150g)が

推奨されてます。

 

牛肉を棒状にカットします。

 

牛肉以外の材料はししとう8本、

たけのこ50g、たまねぎ50g

なんかが合うようです。

 

ししとうはへたを落として、

あとの材料は1センチ角、

長さ5センチ程度の棒状にカット。

 

ちなみに写真は野菜多めに使ってます。

 

酒・醤油・片栗粉・・・各小さじ1

を肉に揉み込んで10分馴染ませます。

 

これが美味しさのポイントだと思います。

 

オイスターソース、醤油、酒、

すりおろしたしょうがとにんにく

・・・各小さじ1でタレを作っておきます。

 

サラダ油大さじ1をひいた

フライパンを強火で熱して、

材料を丁寧に並べて焼きます。

 

あまりいじらず、

焼き色いがついたら

ひとつづつ返してください。

 

ついつい鍋を振りたくなりますが、我慢。

 

ちゃんと焼き色をつけましょう。

 

材料に火が通ったら、

タレを加えて混ぜます。

 

30秒ほど炒めて

全体にタレがなじんだら、

火から下ろします。

 

 

完成!

 

かなり迫力のある一皿。

 

男っぽいのができました。

 

まず、肉からパクッ

めちゃめちゃ旨い~!

 

香ばしくミディアムに

焼けた肉がジューシー。

 

ステーキ肉だけあって

食べ応え抜群!

 

イチボは柔らかくて甘味がすごい。

 

しっかりつけた下味も効いてます。

 

脇を固めた野菜たちも

食感がよくて、

しっかり絡んだタレの味が

食欲をそそります。

 

やばい、

もう普通のチンジャオロースーに

戻れないかもしれない。

 

まさかの

ステーキ肉と中華のコラボ大正解!

 

このレシピは永久保存して

先祖代々伝えていきたいです!

(一人暮らしだけどw)

 

そんなわけでステーキ肉で

チンジャオロースーおすすめです!

 

 

ちなみに今回使ったお肉は

ふるさと納税サイト「さとふる」

を利用していただいた返礼品です。

 

「さとふる」では

私のお気に入りの佐賀牛が

たくさん紹介されているので、

ご参考までにバナーを貼っておきますね。



ごちそうさまでした。

 

ヨウヘイヨウヘイ

最後まで

読んでいただき

ありがとうございます

 

 

プロフィールはこちら

 

インスタグラムはこちら

 

↓↓クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

 

 

↓↓↓鳥取のふるさと納税もおすすめです

 

↓↓↓人気のお肉通販サイトはこちら

ブログサークル

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新