普通の刺身よりも間違いなく旨い! ハマる漬け丼

ヨウヘイヨウヘイ

漬け丼に

ハマっている、

ヨウヘイです。

スーパーで買ったお刺身が

生臭いと感じることって

ありませんか?

 

私は割と敏感なのかよくあります。

 

今回のレシピはその生臭さを消して

自宅で簡単に

お店の味が楽しめる

「マグロの漬け丼」です。

 

と、まるで料理研究家のように

書き出しましたが、

私は、ちょっと前まで

レンチンしかできなかった

料理の初心者です。

 

独身なので奥さんに

教わることもできませんでした。

 

そんな私ですが

レシピ動画アプリ

「クラシル」に出会い、

料理に目覚めてしまいました。

 

手順が1分ほどの動画で

見れるので、

初心者にも

すごく分かりやすいです。

 

動画を見ながら実際に作ってみると

なんと美味しい!

 

まさか自分で作った料理が

美味しいなんて・・・

初心者にとって

これほどモチベーションが

上がることはありません。

 

でも

コンロに火をつけるのも怖いので

なるべく火を使わない

レシピが好きです。

 

できれば指とか

ケガしたくないので

包丁も使いたくありません。

 

そんなレベルの私でも

お店で食べるような

美味しい

「マグロの漬け丼」

が作れてしまうのが

今日のレシピです。

材料は刺身用マグロ、大葉、刻みのり、白いりごま、卵黄、ご飯です。

作り方も簡単。

みりん、酒、醤油、すりおろし生姜で漬けダレを作り、

ジップロックに刺身と一緒に入れて

冷蔵庫で20分漬ける。

 

丼にご飯を入れて、

刻みのり、マグロをのせて、

千切りした大葉、ごま、卵黄を

トッピングすれば出来上がり。

 

唯一、包丁を使う場面は

大葉の千切りくらい。

 

漬けダレは実はスーパーで

「まぐろ丼のタレ」とか

「海鮮丼のタレ」とか売っているので

それを使ってもOKです

 

漬けている時間を除けば

10分くらいでできちゃうと思います。

 

ほとんど料理と

言えないくらい簡単です

 

でも美味しかったらいいじゃないですか!

 

黄身とタレが美味しく絡まって最高ですよ!

 

唯一、このレシピで

失敗があるとしたら

卵から卵黄だけを取り出す場面。

 

卵を半分に割って、

卵黄を片方のカラに残し、

白身の部分だけ下に落とします。

卵黄を

もう片方のカラにそっと移し、

残っている白身も落とします。

卵黄をカラとカラの間を行ったり来たりさせて上手に卵黄だけにするわけです。

 

そして卵黄を丼に乗せる時には

あらかじめ、乗せる場所に

くぼみを作っておくことを

忘れないようにしてください。

 

なぜこんな当たり前のことを

わざわざ注意するかと言うと

私が見事に失敗したからですw

 

初心者にとって

美しく卵黄を乗せることは

結構ハードルが高いのですw

 

このレシピを覚えて以来

刺身を買ったら

とりあえず全部漬けにしてます。

 

そのままわさび醤油でいただくより

絶対美味しいと

強く主張したいです。

 

すっかり漬け丼にハマって

色々アレンジして楽しんでいます。

「アボカドとマグロの漬け丼」

ご飯を酢飯にしても

美味しいのでおすすめです。

この時はアボカドが

堅くて残念でしたが、

本来マグロとアボカドは

相性抜群です。

 

「マグロのごま漬け丼」

漬けダレを

しょうゆ、みりん、白だしにして

すりごまを加えて漬けてます。

 

マグロ以外にも

白身も美味しいです。

こちらは「りゅうきゅう丼」

と言って大分名物です。

漬けダレに砂糖を加えるのですが、

この甘味のあるタレが絶品です。

 

こちらは

コチュジャン、醤油、ごま油、すりおろしにんにくでタレを作った

「まぐろのピリ辛丼」

辛いのが好きな方におすすめ。

 

色々紹介してまいりましたが

私の漬け丼LOVEが

伝わりましたでしょうか?

 

すべてクラシルのアプリで

検索してもらえれば

レシピ動画があります。

 

まずは王道の

「まぐろの漬け丼」から

お楽しみいただいてはいかがでしょう?

 

ヨウヘイヨウヘイ

最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。

 

クラシルのレシピ動画はこちら

 

プロフィールはこちら

 

インスタグラムはこちら

 

↓↓クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

 

ブログサークル

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新