宴会シーズン到来!笑いのとれる挨拶のネタを仕込むならこちら

スピーチは得意ですか?

「ハイ!得意です」「スピーチ大好き」という人はそもそもこの記事を検索しないですよね。

緊張するのでなるべく人前で話すのは避けたい・・・

でも立場上スピーチをしなければならない・・・

どうせ話すなら少し面白いこと言って笑いをとりたい・・・

余計なこと言ってスベるのが怖い、でもウケたい!

これ全部私です。

アラフィフともなると人前で話すことって自然に増えてきます。

仕事の関係で研修の講師をしたり、

300人位の前でスピーチしなければならなかったり、

結婚式の主賓で挨拶を頼まれたり、

ありがたいことなんですが、

緊張するタイプなので、

何日も前から憂鬱な気持ちになります(ごめんなさい)。

でも一方で、

みんなを笑わせたい!

ウケたい!

そんな気持ちもあります。

「苦手なスピーチをなんとか乗り切りたい!」

そんなあなたのために今回は私がすべってきた何百というスピーチの中で、

少しは笑いのとれたネタと

笑いをとるスピーチのコツをお伝えしたいと思います。



スピーチはプレゼント/緊張や怖れに打ち勝つマインド

あがり症で人前に立つのが苦手な私でしたが、年齢的にも立場的にもスピーチの機会は増えるばかり。

なんとか克服しようと「話し方の学校」でスピーチを学ぶことにしました。

生徒の中には「得意なスピーチをさらにブラッシュアップしたい!」なんて人も中にはいますが、

ほとんどが自分と同じ人前で緊張してスピーチするのが怖いという人の集まりです。

同じ悩みを持つ者同士なので割といい人間関係ができました。

深刻に悩んでいる人なら行ってみるといいかもしれません。

月1回ペースで1年半通ったのですが、

スピーチの先生に教えてもらったマインド部分でとても大事なことがありました。

それが


「スピーチはプレゼント」


だということ。

とかくスピーチの時って

「ウケなかったらどうしよう」

「恥をかきたくない」

そんな風に自分のことばかりに意識が向きます。

それが緊張の原因です。

ユーモアを交えてのスピーチの本当の目的は、聞き手に

「笑顔になってもらいたい」

「楽しんでもらいたい」

「和んでもらいたい」

ですよね。

そんな風に、スピーチは聞き手のためにするもの

つまりプレゼントなんです。

そして自分の話には価値がある。

それをプレゼントするんだって思うこと。

このマインドセットができると不思議なほど緊張や恐怖心は消えていきます。

「スピーチはプレゼント」

そう心でつぶやいてから、スピーチしましょう。



笑いが取れたネタをご披露します

それでは早速、笑いがとれたネタをご披露しますが、

これは私の事例なので、話し手の話し方、テンション、間などによって笑いの起こり方はだいぶ変わってくると思います。

もちろん聞き手の年齢、性別、人間関係によっても全然違いますよね。

私の場合、オジサン向けにスピーチすることが多かったです。

その辺りを考慮の上ご自身のスピーチのヒントにしていただければと思います。

赤字にしているところが笑いが起きたフレーズです。


自己紹介のあいさつにて:

「はじめまして、ヨウヘイと申します。

年齢は50歳、青春ど真ん中です!

最近気になっているのは青汁のブランドはどこがいいのか?

ということと

グルコサミンとコンドロイチンはどっちが膝の痛みに効くのか?

ということです。」

「好きな食べ物は焼き鳥です。
あまりお酒は飲めませんが、焼き鳥なら毎晩でもお付き合いします。
もちろん仕事もチキンと頑張ります!」


送別会のあいさつにて:

(同僚の場合)

「〇〇さん、新任地に行かれてもますます頑張ってください・・・って私の方が頑張らないといけないんですけど。

(自分の異動の場合)

「今月いっぱいで異動することになりました。

寂しいものですでに僕のアドレスを削除している方も多いと聞いておりますが・・・」

「皆様のご支援で三年間無事勤めることができました。ま、言うほど働いてはおりませんが・・・


スピーチの第一声で:

「私、カラオケ以外でマイクを握ったことがないので緊張しています。


スピーチを締める時:

あまり長くしゃべると私の好感度が下がりますので、この辺で・・・」

これは割と鉄板でウケますw


開会の辞:

「世間では景気がいいらしいですが、

正直言うと、私の会社の売上は去年と比べると大きく落ち込んでいます。

おまけに人手不足のダブルパンチです。

去年の今頃は「厳しいなぁ」と思っていましたが、

今や「去年は良かったなぁ」と思えるような状態です。

だんだん開会の辞が、開会のグチになってますけど。

(この後はちゃんと前向きな話をします)


乾杯のあいさつ:

「ここにいる皆さんは、〇〇社という名のひとつのボートに乗っています。

向かう方向は一緒です。 これからも一緒に前に進んでいきましょう。

ひとつのボートに乗っている・・・いい言葉ですよね。

まぁ僕が考えたんじゃないですけど、
このフレーズが言いたかったんでもう満足です。 ここいらで乾杯とさせていただきます。

それでは宴たけなわではございますが・・・

ちなみに乾杯のあいさつで「宴もたけなわではございますが・・・」というボケは鉄板です。

あいさつの冒頭で言っちゃってもありです。

必ずウケますw

それと名言を言ったり、上手いコトを言ったりした後、

「僕が考えたんじゃないですけど」

「これが言いたかっただけなんです。」

「なんか上手いコト言ってますけど。」

「いいこと言ったんでメモしていただければ。」

などと自分でツッコんでおくとほぼウケます。


ゴルフコンペで優勝のスピーチ:

(基本形)

天候に恵まれ、コースに恵まれ、同伴者に恵まれ

ま、一番はハンデに恵まれたわけですけど・・・大変楽しいラウンドをさせていただきました。

これだけ、たくさんの方の前で優勝の弁だなんて、夢のようです。

私のゴルフ人生最大の栄誉として一生自慢にしたいと思います。

本当にありがとうございます。

(大げさに言う。少人数のコンペだと余計笑いになります。準優勝や3位くらいでも使えます。)

(前向き)

「やはりゴルフはメンタルだと言うことで、今日はひたすら前向きにいこうと決めて臨みました。

何があっても前向きということで、もう朝、車を止める時も前向きに入れましたから。

みなさん、ダメですよ、後ろから入れちゃ。

そんな訳で3パットもOBもめげずにやれたのが良かったのかな~って思います。」

(雨の日)

本日は、絶好のゴルフ日和でしたね。 

私、できればもうハーフ回りたいぐらいの天気でしたけど。


本当はハーフ終わって帰りたいくらいでしたが、

同伴のみなさんがとても愉快な方々で雨を忘れて楽しむことができました。

終わってみればまさかの優勝ということで、何事も楽しんでやればいいことあるなぁと感じています。


(頭の薄い人なら、「私、実は河童なんですよ。」と自虐ネタもウケます。)

あと使えるフレーズとしては

「18番の池だけは次回までに埋めておいていただけるとありがたいです。」

「今日のカップはいつもより一回り大きかったみたいで。」

「昨日神社でドライバーをお祓いしてもらったので。


結婚式での祝辞の最後のフレーズ:

「それでは最後になぞかけで締めさせていただきます。 

お二人のこれからの幸せとかけまして「円周率」とときます。

そのココロは? 

いつまでも永遠に続くでしょう。 

(普通ここでおぉーって空気になりますが、もし拍手がまばらだったら・・・)

あ、たくさんの拍手、ありがとうございます。

結婚式の祝辞は何度もやってますが、この謎かけで締めてウケなかったことはありませんw


謎かけは使えるので、覚えておいて損はないです。

作り方のコツは今回は省きますが、

スピーチで使えそうなヤツをいくつかご紹介しておきます。

「オリンピックとかけてインフルエンザとときます。

そのココロは?

どちらも観戦(感染)すると熱くなるでしょう。」

(オリンピックのところはどんなスポーツでも応用できますね。)

「新入社員とかけましてアイドルのコンサートとときます。

そのココロは?

どちらも不安(ファン)でいっぱいでしょう。」

(入社シーズンに使えます。)

「最近はもう毎日のように〇〇さんとお会いする機会が増えていまして。

もうなんかね、僕の気持ちを表すとしたら生ビールですよ。

生ビールとかけまして〇〇さんとときます。

そのココロは?

会わ(泡)ないと寂しいでしょう。」

(これは送別会でやりました。)

「我々の業界の現状とかけましてウグイスとときます。

そのココロは?

ふーふけいきよ(不景気)

(昔笑点で見たネタです。不景気な時にやりました。ホーホケキョのリズムで言うのがコツ。上手く言えればかなりの拍手がもらえますw)

謎かけは別に笑いが起きなくても問題ありません。

その場がなんとなく和む、ちょっとしたユーモアです。


度胸がいるけど、100%印象に残るのが、一節だけ歌う。

私の周りで私以外にやってる人はいませんが、

面白いネタを考えるより簡単ですw

挨拶の冒頭でも、話の流れによっては途中に入れてもいいと思います。

歌うのは一節だけです。長く歌うとウザいです。

それではどうぞ:

暮れ~の元気なごあいさつ♪

(日清のCMでおなじみのフレーズです。師走の挨拶で使うとウケます。)

真っ赤なお鼻の~トナカイさんは~♪

(同じく年の瀬に使ってます。)

仰げば尊し~♪ いざ~さら~ば~♪

(異動のシーズンですね。)

もうすぐ春ですね~♪

(キャンディーズ。ちょっとスローに歌います。)

あぁ~栄冠は~キミに輝く~♪

(夏と言えば甲子園。夏場はこの一節を歌ってからスピーチするのが私の鉄板。)

は~るばる~来たぜ〇〇~♪

(〇〇は土地の名前を入れます。慰安旅行など旅先での宴席の挨拶で。)

ま~つりだ、祭りだ~♪

(聞き手を元気づける時に使ってます。)




たくさんスピーチしてきましたけど、ウケがいいのが自虐ネタです。

他人をいじるとウケがいいものの、時に気分を害することがありますが、

自虐ネタは誰も傷つけないので安心して言えます。

例えば:

「別に私の前髪が後退してきたわけじゃないんです。私自身が前に進んできただけなんです。

(これはソフトバンクの孫正義さんの言葉が元ネタです。薄毛の人が言うとウケますw)

「だいぶ寒くなってきましたけど、私の場合分厚いミートテックを着込んでますので、まだまだ半袖で大丈夫です。」

(ユニクロのヒートテックならぬミートテック。お腹の脂肪を掴みながら言えばウケますw)

ここまでスピーチ例でご紹介してきた内容もほとんどが自虐ネタですよね。

「薄毛」「あがり症」「口下手」「背が低い」「不細工」「太ってる」

「仕事ができない」「モテない」「友達がいない」「せこい」

この辺りのキーワードでネタを探すと笑いに繋がりやすいかな~って思います。


すべった時のフレーズさえ用意しておけば、怖くない!

これがとても大事です。

スピーチでダジャレとか言いたくなりませんか?

アラフィフともなると言いたくてたまりませんw

けど、ダジャレ系はまずウケません。

例えば:

「最近本当に風が強い日が多いですね~。

まー、昔から風が吹くと桶屋が儲かると言いますので、

我々も新規事業として真剣に桶を売ろうかと検討中です。

みなさま、いかがでしょうか?

・・・・・(シーン)・・・・・

はい、ここはオッケーと言っていただきたかったところでございます。


ウケないと言いましたが、これは私の中ではかなり作り込んだネタなので、そこそこウケます。

でも普通のダジャレはすべります。

すべると次からビビッて言えなくなってしまいます。

でもすべった後でフォローするフレーズを用意しておけば、安心して話せます。

逆にすべった時ほどウケるチャンスになります:

「あのー、できたら面白くなくても笑っていただけると助かります。」

「あ、今、ちょっとボケて笑いをとろうとしたんですけど、全然面白くなかったみたいですね。」

「思ったよりウケなかったことにショックを受けてますけども。」

「ウチの地元ではウケたんですけど・・・都会では通用しなかったみたいです。」

「修業が足りないようです。」

「お後がよろしいようで。」


ちなみによくある「ここは笑うところです。」というフレーズはやめましょう。

上から目線で話されると聞き手は余計に笑えません。

基本は自虐ネタ同様、「自分は下」のスタンスが笑いにつながります。


いかがでしたでしょうか?

使えそうなネタはありましたでしょうか?

スピーチはどうしても慣れの部分がすごく大きいです。

やっぱり本番をたくさんこなすのが一番でしょうね~。

経験を積むうちに、スピーチの前のドキドキも「緊張」から「胸が躍る」に変わってくるかもしれません。

なんてね。

上手いコト言えたので終わりにしたいと思います。

この記事がお役に立てば幸いです。

ありがとうございました。


プロフィールはこちら


インスタグラムはこちら


↓↓クリックしていただけると励みになります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村


ブログサークル

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:こんな記事書きました!