一人暮らしや弁当作りにぴったり!小さな鍋を買ったら揚げ物が楽しくなった件

ヨウヘイヨウヘイ

油がもったいなくて

揚げ物は

作らなかった

ヨウヘイです

 

揚げ物って作りますか?

 

私はとにかく揚げ物を避けてきました。

 

その理由は・・・

 

「油はねでキッチンが汚れる」

 

「油の後処理が面倒」

 

まぁ、ここまでは許せるとして

一番問題なのは

 

「大量の油を使うのが

もったいない」

 

これなんです。

 

元々小さめ20センチの天ぷら鍋を

持っているのですが、

それでも、

ちょっとから揚げ作りたいなぁ

と思って鍋に油を注ぐと、

あっという間にボトル半分以上の

油が無くなってしまいます。

 

炒め物ならせいぜい

大さじ一杯程度しか

使わないのに、

揚げ物をするとなると

600㎖くらい必要になるんです。

 

「大量の油の消費が許せない」

 

「でも揚げ物が食べたい!」

 

そんな私はこれまで

極力油を使わない揚げ物料理

チャレンジしてきました。

 

例えば揚げないカキフライ。

揚げ油不要で手間なし簡単!揚げないカキフライが旨い!

他にも揚げ焼きで作る

鳥唐揚げなどもやってみました。

 

美味しいですが、やっぱり

大量の油で揚げたものには

敵わない気がします。

 

そこでネットで発見した

新兵器が揚げ物用の小さな鍋。

 

小さいけれど春巻きや

エビフライが揚げやすいように

楕円形になっています。

 

しかも少ない油で揚げられるように

底の部分の面積が小さい

すり鉢状の形状。

16センチの鍋より

さらに小さいサイズ。

 

価格は1,000円ちょっとです。

 

新兵器でエビフライにチャレンジ!

これまでの半分程度の油で

揚げられるので

早速大好物のエビフライ

作ってみました。

 

アラフィフの私にとって

子供時代の最高のごちそう

と言えばエビフライ。

 

今でも海老は天ぷらやフライなど

揚げて食べるのが一番好きです。

 

海老は殻をむいたり、

背ワタ取ったり、

下処理が面倒なのが玉にキズ。

 

塩コショウを少々振っておきます。

 

バッター液を作るとフライの工程が

ひと手間減るのでおすすめです。

 

卵1個、薄力粉大さじ4、水30㎖を

混ぜてバッター液を作り、

海老をくぐらせて

パン粉をつけます。

 

油を180℃に熱して、

大体2分くらい揚げます。

 

ご覧の通り鍋が小さいので

たくさんは入りませんが、

揚げ油が少なくて済むので

文句はありません。

 

タルタルソースを

たっぷりつけていただきます!

 

ヨウヘイヨウヘイ

美味い!

実は私、

初めてエビフライ

作りました

 

料理動画サイト「クラシル」先生を見ながら作りました。

レシピはこちら

 

海老の天ぷらもバッチリ

油の量が少なくて済むので、

揚げ物への抵抗感が

無くなってきました。

 

そうなると逆にやってみたかった

揚げ物料理に

チャレンジしてみたくなります。

 

今度は海老の天ぷら。

 

殻をむいて下処理した海老に

先に一度天ぷら粉をまぶします。

 

ボウルに天ぷら粉30gと水60㎖を

入れて軽く混ぜて衣を作ります。

 

親戚に

氷を入れるのと、

あまり混ぜ過ぎないのが

カラッと揚げるコツだと

教えられたのでその通りに

やってみました。

 

天ぷら粉をまぶした海老を

衣にくぐらせて揚げていきます。

 

180℃で2分ほど揚げます。

 

不細工ですが、

美味しく揚がりました。

 

カレーうどんに海老天を

乗せて食べました。

 

カレーと海老天、

意外に合うんですねー

 

色が同じでよくわかりませんけどw

 

こちらも料理動画サイト

「クラシル」先生を

見ながら作りました。

 

レシピはこちら

 

本格的な海老マヨ 味の決め手はなんと練乳?

海老がばかり続きますが、

やっぱり海老は

揚げて食べるのが一番!

 

甘くてクリーミーなソースが

絶品の本格的な海老マヨですが、

揚げてソースと和えるだけと

簡単です。

 

だいたい冷凍エビを使っています。

いつもクックパッドで見た

やり方で解凍します。

 

水500㎖、塩大さじ1、

重曹大さじ2を混ぜた水に

海老をつけておくだけです。

 

重曹なんて

聞きなれないアイテムですが、

スーパーに売ってました。

 

お掃除や消臭剤としても

使えるそうです。

 

って

そんなの料理に使って大丈夫?

 

もちろん大丈夫ですよw

 

解凍できたら殻をむいて、

背ワタを取ってと

下処理をしておきます。

 

結構手間な上に

手の匂いがなかなか落ちないので

海老の下処理は嫌いです。

 

でも美味しいので頑張ります。

 

衣を作ります。

 

水大さじ2、薄力粉大さじ2、

片栗粉大さじ2、卵1個を入れて

混ぜ合わせます。

 

海老に衣をつけて、

170℃の油で揚げます。

 

ソースを作ります。

マヨネーズ100g、

ケチャップ大さじ1、

白こしょう適量

 

ここに味の決め手の練乳30g

加えて混ぜ合わせます。

そう、これです。

 

不思議な感じがしますが、

これがないと味が成り立ちません。

 

ソースを混ぜたら、

揚がった海老と和えるだけ

出来上がり。

 

甘いソースが本格的で

お店で出てくる味になります。

 

小学4年生並の味覚を持つ

うちの相方が絶賛していたので、

お子様にも喜ばれると思います。

 

こちらも料理動画サイト

「クラシル」先生を見ながら作りました。

 

レシピはこちら

 

あおさのりの風味がぜいたくな豚肉のから揚げボール

揚げ物祭のラストはから揚げです。

 

今回は鶏じゃなくて

豚バラをボール状にまるめた

から揚げボールを作ってみました。

 

調味料を混ぜ合わせます。

 

材料は

酒、みりん、醤油、薄力粉

あおさのりを各大さじ1

 

すりおろし生姜とにんにくを

各小さじ1

 

私はあおさのり多めで作ってます。

 

豚バラスライス200gを入れて

混ぜ合わせて、

冷蔵庫で10分漬けます。

 

豚バラを1枚づつ、

丸めてボールを作り、

片栗粉をまぶして揚げていきます。

 

170℃の油でこんがり

きつね色になるまで揚げます。

 

いい感じ!って思って食べたら

中まで火が通ってなかったので、

揚げ直しました。

 

この辺が素人ですw

 

しっかり味がついていて

美味しいです。

 

食べ盛りの男子、

もしくはビールのつまみに喜ばれそう。

 

こちらも料理動画サイト

「クラシル」先生を見ながら作りました。

 

レシピはこちら

 

私のレシピは全部「クラシル」が

先生なわけなんですが

ご存知ないという方は

こちらのブログ記事も

併せてご覧ください。

料理動画アプリ「クラシル」で全くの初心者がまさかの料理ブロガーに!

小型天ぷら鍋くんが

我が家に来てくれたので

油大量消費の罪悪感から

解放された気がします。

 

おかげで一気に揚げ物の

レパートリーが増えました。

 

大好物が海老フライ、海老天、

鳥から揚げと実は結構揚げ物好き

なのでこれからハマりそうです。

 

注意点もあります。

これもそうなのですが

天ぷら鍋はわりと鉄製が多いです。

 

熱の廻りが良くて丈夫という

利点の一方、錆の心配があります。

 

保管時に錆びないよう

使用後にうすく油を塗って

あげてからしまってください。

 

これ、ちょっと手間です。

 

とはいえ

油がもったいなくて

揚げ物を避けているという方には、

小型天ぷら鍋くんを

おすすめします!

 

値段も1,000円くらいでとっても手頃。

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

その他の「少ない油で揚げ物」を

テーマにしたブログ記事はこちら

【実験】わずか大さじ4杯!ちょっとの油で揚げない鶏唐揚げ作ってみた

揚げ油不要で手間なし簡単! ヘルシーな揚げないコロッケ

ヨウヘイヨウヘイ

最後まで

読んでいただき

ありがとうございます

 

プロフィールはこちら

 

インスタグラムはこちら

 

↓↓クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村





ブログサークル

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新