食べてビックリ!お店の味を再現!いやそれ以上の旨さ「牛丼」

ヨウヘイヨウヘイ

自分で作った

牛丼が旨すぎて、

お店に行かなくなった

ヨウヘイです

この一年で350種類以上

料理を作った私ですが、

そのほとんどが料理動画サイト

「クラシル」先生のレシピを

見て作っています。

 

その中でも1番旨い!

と自信を持って

おすすめしたいのが

今回ご紹介する

「コクと旨味がたっぷり!牛丼屋さんの牛丼」です!

 

旨いだけでなくて材料も少なくて

簡単にすぐできるので

しょっちゅうリピしてます。

 

その名の通りコクと旨味が

半端じゃなくて、

つゆがたまらなく美味しい。

 

書きながらまた食べたくなってきました。

 

薄切り牛肉と玉ねぎと

卵さえあれば、

あとは家庭にある調味料で

できちゃうんですが、

できれば「ダシダ」があると完璧です。

 

ダシダ???

 

知りませんよね。

 

こんなやつです。

 

ダシダは韓国料理で使われる

牛肉スープの粉末調味料なんですね。

 

近所のスーパーの

韓国料理コーナーにありました。

 

ネットでも買えます。

 

 

 

ないときには顆粒和風だしの素で

代用すればいいので心配いりません。

 

それでは作ってまいりましょう!

 

 

材料 (1人分)

ごはん 200g

牛バラ薄切り肉 80g 

砂糖 小さじ2

サラダ油 少々

玉ねぎ 1/2個 

① 水 80㎖ 

① 料理酒 大さじ1

① 顆粒和風だし 小さじ1/2

① ダシダ 小さじ1/2

(なければダシダの分、

顆粒和風だしを

増やしてください)

みりん 大さじ1

醤油 大さじ1

卵黄 1個


まず玉ねぎを薄く切っておきます。

 

鍋にサラダ油をひいて、

中火にします。

 

牛バラの薄切りと砂糖を加えて

炒めます。

 

ネットで調べると牛丼レシピは

たくさん出てきますが、

大体は最初から肉を煮込みます。

 

クラシル先生の教えは

最初に牛肉を砂糖で焼く

というのがポイントで、

旨味を引き出し、照りのある

仕上がりになります。

 

さすが他とはひと味違います

 

火が通ったら一旦取り出します。

 

同じ鍋で玉ねぎと①の調味料を

入れて中火にかけます。

 

玉ねぎがしんなりするまで煮ます。

 

玉ねぎがいい感じになったら、

みりんと醤油を入れて、

ひと煮立ちさせてから牛肉を戻します。

 

さらにひと煮立ちしたら火を止めてください。

 

丼にご飯をよそって

牛丼の具を盛り付けて、

最後に卵黄を乗せたら完成!

 

温泉卵でもいいですね。

卵に絡めていただきます。

絶品!

最初に砂糖で焼いたためなのか、

牛肉が柔らかくて旨味があります。

 

いいお肉を使えばさらに美味しく、

安いお肉でも安定の旨さです。

 

長時間煮込まなくていいので

20分くらいでできました。

 

私が初めて作ったのが

料理経験ひと月目の時でした。

 

そんな初心者でも

簡単に美味しくできたので

感激したのを覚えています。

 

ぜひお試しくださいねー^^

 

「クラシル」関しては

こちらの記事も併せてご覧ください。

料理動画アプリ「クラシル」で全くの初心者がまさかの料理ブロガーに!

 

ごちそうさまでした。

 

ヨウヘイヨウヘイ

最後まで

読んでいただき

ありがとうございます

 

クラシルのレシピはこちら

 

プロフィールはこちら

 

インスタグラムはこちら

 

↓↓クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

 





ブログサークル

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新